手術するなら良い病院でなく、良い医師を探すべき理由




スポンサーリンク
 

家族や友人、自分自身が手術しなければならない病気になってしまった。
そんな時、あなたはどのようにして医療機関を探すだろうか。

よくあるのが、
・インターネットで探す
・友人知人に聞く
・本や雑誌で調べる
などである。
それでも、本当に安心して手術を受けられる環境を探すのはなかなか難しいことだと思う。

僕は医療従事者ではないが、元医療機器メーカーの営業マンとして8年間ものあいだ多くの医療の現場を見てきた経験がある。
様々な病院で様々な医師による様々な手術を見てきて言えることは、病院の規模やブランドで手術の良し悪しはわからないということだ。

さらには、医師が頭がいいからとか優しいから、丁寧だからと言って必ずしも手術が上手いわけでは無い。

日本最高峰の東京大学医学部附属病院で東大出身の超頭のいいエリート医師が、手術が上手いかと言えば必ずしもそうではない。
手術は手先の器用さ、センス、何より経験がものを言う。

かといって経験が多い医師が上手いかと言えばそれもまた違う。
下手でもたくさん経験を積んでいる医師もいれば、手術適用外の患者でも売り上げ第一主義で手術してしまう医師などもいる。

それではいったいどうやって安心できて全てを任せられる医療機関を探せば良いのか。
それは、医療機関でなく本当に腕の良い医師を探すことだ。

探し方は以下の3つの方法が信頼性が高いと考えている。

  1. 医師自身が手術を受けるなら、どの医師が良いかを聞く
  2. 手術現場に立ち会う医療機器メーカー営業マンに聞く
  3. 麻酔科の医師に聞く

医師自身が手術を受けるなら、誰が良いかを聞く

医師から選ばれる医師、というのは本当に信頼できる証だ。

今のかかりつけ医療機関が手術のできない施設環境であれば、紹介状を書いてもらい手術のできる病院に紹介をしてもらう。
その際に、紹介をしてくれる医師が同じ病気で手術を受けないといけない場合、誰に手術をしてほしいかを聞いてみよう。

きっと自分の信頼の置ける医師を紹介してくれるはずだ。

逆に、こんな場合はその医師自身を疑った方がよい場合もある。
・紹介状に宛名を書かず、自分で病院を探してくれと言ってくるような医師。
・その医師がよく知る医師や、ツテがないような場合。

何故か。
勉強熱心な医師は病院などが開催する医師たちの勉強会に参加したり、学会に参加したりして常に最新の医療を学んでいる。
その学びの中で、病院の医師とも交流を深めて紹介のできる医師を増やしていく。
多くの交流や情報収集の中で、紹介が必要な際の医師が頭に入っているのだ。

医師が紹介できる医師の幅の広さが、その医師自身のステータスとも言えると僕は思う。

手術現場に立ち会う医療機器メーカー営業マンに聞く

これは先にも説明したが、まさに僕の前職がこれだった。

医療従事者でも無いのに信用できるのか?と思われる方も多いと思う。

しかし、これは間違いないと個人的には考えている。

なぜか。
医療機器の営業マンは多くの病院の様々な医師の手術を見てきている。
医療従事者ではないが、特定の疾患については狭く深い知識を持っていることも間違いない。

医師は多くの症例や勉強を重ねた上で度重なる手術をして腕を磨いており、
自分が一番だと考える術式で手術をしている。
自分が一番だと考えているため、他の医師の手術を見る機会は多くない。

しかし医療機器の営業マンは本当に様々な病院の医師の手術を見ており、
また社内のネットワークでどこの病院の医師が上手いかもしっかり把握している。

僕の経験で、自分のこだわりが強すぎて患者想いでない医師をたくさん見てきた。
出血量はほとんどない、こだわってこだわって止血しながら手術をしているから患者のためだ!
と叫びながら通常3時間の手術に6時間かけるような医師もいる。
僕が患者だったら、そんな自己満足の手術をするような医師には絶対に手術されたくない。

もし僕が外科的手術を受けなければならない場合、間違いなく医療機器メーカーの人間に聞くだろう。

多くの医師の手術を見て、出血量や時間、何より技術があるのは誰なのか、的確に教えてくれるはずだ。

麻酔科の医師に聞く

最後は麻酔科の医師に聞く、だ。

麻酔科の医師が身の回りにあまりいないと思うので、なかなか難しいかもしれないが。

先ほどの医療機器営業マンと同様に、麻酔科の医師も多くの手術に立ち会っている。
そのため、どの先生が早くて上手いなどの情報も知っていることが多いのだ。

まとめ

どんなに大きな病院、ブランド力のある病院であっても、手術をするのは医師個人である。

つまり、評判の良い病院を探したところで何も意味がない。
評判の良い医師を探さなければならないのだ。

態度が悪いし、患者に冷たいけど腕はピカイチに良いという医師もたくさんいる。
例えるなら口数少ない熟練の匠のような人だ。

あの先生は優しいし丁寧だから、という理由で手術を受けるのは考え直した方が良いかもしれない。
もちろん、腕はどうであれ信頼の置ける医師だからという理由で選ぶのもまた一つだが。

家族や友人、自分が手術を受けるが誰に手術してもらうか探している人、
迷っている人の参考になれば良いと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です